ならは応援団スペシャルサポーター

キャンドルアーティスト  キャンドル・ジュン さん
東日本大震災直後から被災地への支援をつづけているキャンドル・ジュンさん。毎月11日の月命日にはLove for NIPPONの代表として福島でキャンドルを灯してくださっています。

【Candle JUNE プロフィール】
1994
年からキャンドルの製作を始める。ギャラリーやサロンなどでエキシビションを開催し様々なファッションショーや大型フェスティバル、ライブステージの空間演出を行っている。2001年に広島で「平和の灯」を灯してからは、「Candle Odyssey」と題し、悲しみの地をめぐる旅を始める。2004年の新潟中越地震後は震源地の長岡市で「SONG OF THE EARTH フェスティバル」を開催。そして2011311日に起こった東日本大震災を受け、MINMI、湘南乃風 若旦那と社団法人LOVE FOR NIPPONを立ち上げ、現在も毎月東北へ通い、精力的な活動を行っている。


キャンドル・ジュンホームページ www.candlejune.jp
LOVE FOR NIPPONホームページ www.lfn.jp 

「キャンドル・ジュンさんからのメッセージ」
楢葉町のみなさんとともに
この先も歩んでいきたいと思っています。
よろしくおねがいします!(Candle JUNE)
タレント なすび さん
福島県出身のなすびさんは、東日本大震災直後から故郷福島県の復興のために精力的に活動されています。

【なすび プロフィール】
日本テレビ系列で放映されていたバラエティー番組『進ぬ!電波少年』のコーナー「電波少年的懸賞生活」のチャレンジャーとして一躍有名に。現在は、地元福島で冠番組をもちタレントとして活動。また、
劇団「なす我儘(がまま)」を旗揚げ舞台を中心に活躍。福島県の復興と再生を願う応援活動を精力的に続けている。


エベチャレ〜なすびの福島パワーアップ的エベレスト登頂計画〜 http://evechalle.com/

「なすびさんからのメッセージ」
この度、ならは応援団スペシャルサポーターに就任させて頂きましたなすびと申します。
今年9月5日に避難指示が解除となって、楢葉町が新しい一歩を踏み出すにあたり、ならは応援団に参加させて頂く運びとなりました。
福島県人としての誇りを胸に、私の笑顔で少しでも楢葉町に笑顔が増える様になればと、そして私の長い顔が皆さんとの架け橋になれたらと、微力ながらも、力の限りに応援を続けて参ります。

楢葉町マスコットキャラクター ゆず太郎くん

楢葉町特産のゆずをモチーフにした
町公認マスコットキャラクターです。

「ぼくも一緒に楢葉町を盛り上げていきます」
楢葉町マスコットキャラクター ゆりかちゃん

楢葉町の町花でもある山百合をモチーフにした
町公認マスコットキャラクターです。

「美しい楢葉町のために私も応援します」